サンルームのおすすめの使い方を指南

サンルームにはこんなおすすめの使い方があります

晴れた日ばかりではないサンルームの使い方

屋根や壁をガラス張り等として採光を取りやすくしたサンルームは様々な用途に使えます。晴れた日は洗濯物干し場や、日光浴の空間として使え、雨の日でも洗濯物を干しておくことができます。サンルームをリビングの前に配置することで、縁側としての機能を持たせることもできます。室内と屋外をつなぐ中間的なスペースは、利用価値の高いものです。一方、サンルームは建築基準法に抵触する恐れや、結露等の機能上の問題もあります。開放できる部分が少ないと、夏は高温になってしまうなど、使い方には注意が必要です。長所を十分に享受し、短所を補う工夫をすることで、サンルームの利用価値は上がります。観葉植物を育成するのにも便利で、子供の遊び場、高齢者の日光浴にも使えるサンルームは、設置して損の無いものです。

付加価値の高にサンルームの利用方法

サンルームは特に、子供や高齢者にとって利用価値の高いものです。交通事情や治安の悪化もあり、子供が屋外で遊べる空間が少ないのが現代社会の欠点でもあります。サンルームは小さな子供でも安心して遊べる空間として利用できます。虫や動物から危害を受ける心配が無く、不審者もシャットアウトできるので、安心して遊ばせておくことができます。寝たきりや足の不自由な高齢者にとっても、サンルームは使い勝手の良いものです。人間が健康を維持するためには日光浴が欠かせません。しかし、体の自由が利かなくなった高齢者は、介助を受けてまで屋外へ出るのをためらうものです。サンルームは高齢者でも安心して日光を浴びることのできる空間として利用できます。日光の必要性は、入院患者が定期的に日光浴をさせられていることからも理解できます。

気をつけたいサンルーム設置の注意点

サンルームは業者へ依頼すれば簡単に設置してくれますが、建築基準法に違反しないよう、慎重な配慮が求められます。屋根は防火基準に適合する必要があり、容積率や建ぺい率の制限内であることが必要です。ガラスで囲まれた部屋は夏場に室温が上昇するので、換気のための開口部が必要です。エアコンに頼るだけでは燃料費が高くつきます。サンルームは防犯上外部として扱ったほうが適切です。サンルームと住宅本体は、施錠が可能な扉などで仕切ることが薦められます。冬場の結露対策も必要で、窓を省エネタイプとし、十分な換気が必要です。換気は窓の開放によっても可能ですが、密閉された場合でも換気が可能なように、換気扇の設置が望まれます。サンルームに発生する利用上のトラブルを事前に予測することで、長所だけを享受することが可能です。