サンルームのおすすめの使い方を指南

サンルームにはこんなおすすめの使い方があります

おすすめのサンルームの使い方講座

リビングなど部屋が手狭になってきたとき、部屋の中の家具を移動させたり増築するなどをして、部屋を広くさせる方法が一般的になります。しかし、このようにして広くした部屋は、元の部屋のままであったりただ単に部屋が広くなるだけであり、使い勝手はそこまで変化するわけではあります。使い勝手が変化しないため、配置換えや増築は今までのように部屋を使うことができますが、使い方を絞って考えるのであればサンルームを作ることで増改築のように大きななりフォームをせずとも、空間の印象を変えることができ使い勝手もよいものを作ることができます。そのようにサンルームを作るのであれば、どのように利用するのかを事前に決めてから作ることで、後から気になったところに手を加えずに済みます。

ランドリールームとして利用する

サンルームはその名の通り、外から太陽の光を取り込むための部屋であり、壁や屋根などをガラス張りにするなど光が入りやすい構造になっています。そのため、風や雨を防ぐことができるので、洗濯物を干すのに最適な空間になります。洗濯物を屋外に干すと、急な雨で濡れてしまったり強風で飛ばされる可能性もあり、また洗濯をしなければいけないことにもなりかねず、防犯上も良くありません。しかし、サンルームを利用すれば窓を開けなければ風も雨も入ってこないので、濡れたり飛ばされることもなく鍵もついているので防犯対策にもなります。そして、外に干さないメリットは花粉が付着しにくいという点もあります。花粉症の人などは花粉が飛ぶ時期には外に洗濯物を干しづらいですが、サンルームがあれば外に干さなくても乾きやすくなります。

植物を育てる温室としての使い方

盆栽や鉢植え、観葉植物など、家庭で植物を育てている人もいます。盆栽や鉢植えなどは屋外で育てることが一般的ですが、置いている場所によっては強風で鉢が倒れたり落ちたりして、危険であったりせっかく育てた植物がダメになることもあります。そのようなときにサンルームを使うことにより、十分な光を当てることができるだけでなく、風などによる落下の危険性をなくすことができます。また、サンルームは窓もあるため外気を取り込むことができるので、いつでも空気を入れ替えることができます。そして、寒さに弱い植物などでもサンルームに入れることで、越冬しやすい環境にすることができます。植物を育てるサンルームとして使用する場合には、葉や花が映える床材を使用したり水でぬれても滑りにくいものを選びましょう。